EFiXインストール開始

タイトルちょっと変ですが、Leopardのインストールを開始するまでにいろいろつまずいて、インストールが始まったのは出社30分前になってから。インストールできることは確認できたのでとりあえず放置して来ました。

ということで、まずはEFiXを組み込むマシンの構築とか設定を、ちゃんとマニュアル(サイト)調べてから取り組むべきですね。英語のフォーラムは非常に勉強になります。

それと普通にやるにはなるべくシンプルな構成でやるべきでしょう。私はあれこれチャレンジしながら無理矢理な仕様で詰め込んで、だんだん外して行くという変な手法を取っていますのでなかなか動かないです。これは趣味と経済の問題なので「動かなかったらどうしよう」とか思う人は、最小の確実な構成で組んでください。

新規に組んだのではないので、現行の環境(Windows XP MCE)とEFiX環境のMac OS Xとで共用できるパーツ構成に変更する必要があります。無理な場合はとりあえず外し、買替えるとかを検討します。

まずターゲットにしたPCの初期仕様

パーツ 型   名 メーカー 備   考 EFiX対応
マザボ GA-G33M-DS2R Gigabyte Micro-ATX ICH9R
CPU Core 2 Quad Q6600 intel 2.4GHz
メモリ CFD_ELIXER 3GB CFD DDR2/800 +ヒートスプレッダ
VGA GV-NX86T256H Gigabyte ファンレス*(1) × ○*
Audio Juli@ Egosys PCI Mac対応*(2)
DVD DVR-212DSV/MP Pionner S-ATA
HDD HDT725025VLA380 HGST S-ATA 250GB
HDD HDT725050VLA380 HGST S-ATA 500GB x3 2台はRAID △*(3)
RAIDc ICH9R intel オンボード RAID0で使用 ×
Capture MonsterX sknet HDTV Capture PCIe x1 Mac非対応
ケース NSK2450 Antec 九十九仕様 -
ケース ST1000-2-S2C STARDOM S-ATA リムーバブル 5″ベイ -

この時点で非対応なのはVGAとRAID周りとなります。ケースの割にHDDの数が多いような気がしますが、250GBがXPのBoot用、500GB ×2をICH9RでRAID0を組み、1台はリムーバブルケースに入っています。このケースは上手く配置すれば3.5″ HDDは4台収容可能です。固定が面倒なのでBoot用の250GBをSmartDriveに収めています。

VGAですが、最近変えたばかりのGF8600GTのファンレスが入っています。これもちょっと変則なパーツなのですが、一般に紹介されているGigabyteのSilent-Pipe IIヒートシンクだと、高さがNSK2450には収まらないはずなのですが、地元のPCデポで現物確認をして購入したこのGV-NX86T256Hは、なぜか低めに変更されていてNSK2450にもきっちり収まります。

DVIでなくVGAで5m以上延ばしているのでRadeonよりGeForceの方が(ラインドライバの関係で)画質がいいのですが、EFiXが(というかMacOS Xが)GF8600系をサポートしていないのでGF8800系かHD2600XTに変更する必要があります。

→(10/11追記) 実際に差し替えて実験してみたところ、GF8600GTもEFiX上で問題なく使用できました。 HCLに記載が無いのは、例によって完全主義的に「サポート」と言い切れない程度の「非互換」があるのかもしれません。インストール時に不具合があるのかどうかはわかりませんが、少なくともインストール済みの環境で差し替えて使用して動いています。(リンク先エントリー参照)

手元にGF7600GSファンレスなEN7600GS SILENT/HTD/256M(ASUS)もあるのですが、2世代戻るのもなんですので、検証とバックアップ用として使用することとし、EFiX用にHD2600XTを調達しました。

どうせならGF8800系に行きたいところですが、ファンレス路線かつ背の低いHTPCケースなので収まるようなカードがありません。また電源容量的にもさすがにヤバいので却下です。

SAPPHIREのULTIMATE版のHD2600XTあたりが良かったのですが、ディスコンでオークションにもあまり出ませんので、SAPPHIREのDDR4の短い基盤の通常モデルにZalmanのVNF100 VGAクーラーを載せました。これは高さ的にも長さ的にも問題なく収まるはずです。ただしあちこちヒートシンクが干渉するので必要に応じて加工する必要があります。また安全のため一部にカプトンテープで絶縁もしています。

次に動画Capture用に組んであるRAID0をどうにかする必要があります。EFiXのフォーラムによると、ICHによるRAIDはソフトウェアRAIDなのでEFiX環境ではサポートされないとのこと。Mac OS X側でOS標準のソフトウェアRAIDを組んでしまえばいいのですが、それだと逆にWindows側では使えません。

まぁ、ファイルシステムの問題もあるので事は単純には行かないのですが、ハードウェアRAID化して共用することを模索する予定です。その為にHighPoint TechのRocketRAID1742を購入。これはPCI(33MHz/66MHz)でPCIexじゃない訳で帯域的に心配なのですが、PCIexスロットは別の用途で使用する予定なのでなんとか上手く行ってほしいところです。

なお、RocketRAID1742はMac OS Xにも対応します(そうでないと意味が無い)。BIOS2.0からはポートマルチプライヤにも対応。1742は2×2(内x2、外x2)のポート構成なので後々は外付けのリムーバブルケースでHDDをガシガシ入れ替えとか構想しているわけですが、EFiX環境のMac OS Xで動くのかはこれからです。

ところでこのRAIDカードがあることで準備に手間取っていました。EFiX以前に普通にXP でもまともに使用できるようセットアップできず困りましたが、これもちゃんと調べれば書いてあることでした。ただ、ICH9Rと併用し、かつEFiXに使用すると言うのは無駄にハードルを高くし過ぎでした。いちおうXP側では動くように出来ましたので、次はEFiX環境でのテストになります。そして両方で動くのならばその後ファイルシステムの統一(NTFSかUDF)を試みる手筈です。

次に「?」になっているデバイス関係。

Egosys のAudio PCIボードJuli@はXPでもMac OS Xでも動くことになっていますが、この手のボードはEFiX環境ではどういう挙動になるのでしょう?EFiXが何をどういじっているのか分かりませんので動くのかどうかも分かりませんが(どこかに書いてあるかもしれませんが)人柱してみます。

SknetのHD CaptureカードMonsterXは「?」にしてありますが間違いなく動きません。というかそもそもMac OS X対応でないので使用できないため、とりあえず外すしかないです。PV3もありますがこっちはもっと動かないでしょう。RAID周りが上手く行くようならIntensity Proに買い替えることになるでしょう。でも、Intensity ProもJuli@と同様にEFiX環境下でも動くのか?です。

まぁ、Juli@の件が分かればHCLが何を示しているのかも分かってくるでしょうから、実験と情報収集を進めることとします。

というわけで現在のチャレンジ環境

パーツ 型   名 メーカー 備   考 EFiX対応
マザボ GA-G33M-DS2R Gigabyte Micro-ATX ICH9R
CPU Core 2 Quad Q6600 intel 2.4GHz
メモリ CFD_ELIXER 3GB CFD DDR2/800 +ヒートスプレッダ
VGA HD2600XT 256MB SAPPHIRE DDR4 短基板 +VNF100
Audio Juli@ Egosys PCI Mac対応*(2)
DVD DVR-212DSV/MP Pionner S-ATA
HDD HDT725025VLA380 HGST S-ATA 250GB
HDD HDT725050VLA380 HGST S-ATA 500GB x3 2台はRAID
RAIDc RocketRAID1742 HiPointTech PCI RAID0で使用
Capture (Intensity Pro) 予定 HDTV Capture PCIe x1 Mac対応
ケース NSK2450 Antec 九十九仕様 -
ケース ST1000-2-S2C STARDOM S-ATA リムーバブル 5″ベイ -

この環境に現在インストール進行中(のはず)です。

トラックバックURL: http://meteor.blog.avis.jp/archives/38/trackback

コメント

(必須)

(必須)
(メールアドレスは公開されません)